お酒が弱くても大丈夫!女性が飲まずに風俗営業でうまく働くテクニック徹底解説!

飲めないからこそ人気者に!お酒抜きで接客の達人になる方法

お酒を飲まなくても店で人気を得る秘訣は

フェイクドリンクを飲むときは、酔った演技も必要です。
うまく演じるには、まず他のキャストの酔い方を観察して研究しましょう。
その上で、本当に酔ってはできない、可愛らしい酔い方の演技を追求するのもいいでしょう。

また飲んでいないことを逆手に取り、客を冷静に観察して細かい気遣いをする、うまくお酒を勧める、また酔った他のキャストをフォローする役割に回るのも重要です。
他のスタッフに頼られるようになれば、お酒を飲めないことが逆に武器になります。

また、ある程度、指名してくれる客には、本当はあまり飲めないと明かすのもひとつの方法です。
気遣いしてもらえるほか、秘密を明かしたことでより親近感が深まります。
このように、自分にしかできない接客術を磨けば、お酒が呑めなくても立派なキャストは勤まります。

多少飲めても油断は禁物!お酒は健康的に

ある程度、お酒を飲める人でも油断は禁物です。強い人でも大量に飲めば急性アルコール中毒になります。
また毎日飲めば身体を壊す、アルコール依存症などのリスクが高まります。

休みの日は飲まない。仕事では本来飲める量より控えめにする。
一定量からはソフトドリンクやフェイクドリンクに切り替えるなど、仕事だからといって飲みすぎない工夫をしましょう。

牛乳が胃に幕を張ってアルコールの吸収を抑えるというのは俗説ですが、たんぱく質をとるとアルコールの代謝を進める効果があります。
また強いお酒を飲む際は、同時に水やソフトドリンクで水分補給するようにしましょう。
その他、お酒を飲む仕事だからこそ、正しい「お酒との付き合い方」を学んで、健康的に飲み続ける工夫が必要です。


TOPへ戻る