お酒が弱くても大丈夫!女性が飲まずに風俗営業でうまく働くテクニック徹底解説!

お酒を飲まずに風俗営業で働く秘密のテクニック解説!

お酒に弱くても風俗営業で働きたいときは

もしお酒に弱いにもかかわらず、キャバクラなどでお酒を飲むキャストの仕事をしたい場合は、まず求人で「お酒が飲めなくてもOK」と明記されている店を選びましょう。
そして面接の場では、あらかじめ自分の体質を把握しておき、低活性型で少しは飲めるのか、不活性型でまったく飲めないのかなどを明確に伝えます。
実際にほとんどお酒が飲めなくても、接客テクニックで高い人気を得ているキャストは大勢います。

きちんとした店であれば、お酒に弱いキャストにはアルコールの含まれないフェイクドリンクを出す、お酒に強いキャストと組ませるなどの配慮もあるので安心してください。
お酒を飲む仕事だからといって、決して、実際よりお酒が飲めると申告する、また無理に飲もうなどとは考えないでください。

お酒が飲めなくても接客するテクニック

お酒が飲めなくても風俗営業で働く方法として、一番多いのはやはりアルコールの含まれないフェイクドリンクを飲むこと。
そしてお酒に強いキャストにヘルブについてもらう方法です。

しかし人に頼ってばかりではいけません。お酒に「強い」ことと「好き」なことは異なります。
また強い人でも飲みすぎれば身体を壊しますし、体調が悪くてあまり飲めない日もあります。
快くヘルプしてもらうためには、やはりお酒が「好き」なキャストさんと個人的に親しくなることが重要です。

助けてくれる人には感謝と気遣いを忘れす、無理に飲ませないよう注意する。
助けてもらったときはきちんとお礼するなどしましょう。
助けてくれる人と本当に仲良くなれば、自然と楽しい雰囲気をかもし出して、よい接客にもつながります。


TOPへ戻る